ゆるりと育児。

1歳男児と30代専業主婦の暮らしの話

専業ママ 脳細胞が日に日に死んでいくような感覚になる。

月のはじめというのに、くだを巻いています。


産前の心も身体も健康だった頃は分刻みのスケジュールを組んで毎日ドタバタと過ごしていました。

産後の今、仕事をしていない私は1歳と共にゆったりした毎日を過ごしています。ゆったりと言っても、ママに抱っこして貰いたくて泣きわめく息子をなんとかあやしながら食事を作ったり、掃除の途中で息子が持ってきた絵本を読んだりとドタバタもしていますけどね。

友人はバリバリ働いているのに、私はオムツを交換して童謡を歌っている。

脳細胞が日に日に死んでいっているような感覚に陥るときがあります。

世界一かわいい息子と24時間一緒に居ることができているのに。

我儘だし、無い物ねだりだなと自分でも思います。私の性格上、今仕事をはじめると仕事も育児も中途半端になる事実に耐えられずにメンタルが荒れ狂いそうです。
仕事をしているお母さんがTwitterで「始業後○分で息子が発熱したと保育園から電話がかかってきて退社した」「今月子どものお熱で休みすぎて仕事できたの○日だけ」等と呟いているのをみます。
フリーランスの友人は子の発熱で保育園に預けられない日に深夜まで家で仕事をしていました。
皆さん、本当に大変な思いをされながら働いていらして頭が下がります。

私は専業ママの選択をしたことを全く後悔していません。

けれども、無性に自分が情けなくなることがあります。どんどん頭が悪くなっていっているなと思います。

何か資格を取ろうかなと思い立つも、何を取れば良いのかすら分からないし調べる元気もない。小説を読もうと思うも当然纏まった時間は取れずに読みかけで放置してしまう。

このブログを書き始めたのは、ボケ防止の意味もあります。毎日、一つでもいいから「今日はこれができた」と思える何かが欲しかったというのも理由の一つです。

世の中の専業ママさんはこういうとき何をされていますか?どうやって調べたら出てくるんだろう。
Instagramを見てみたら、子の寝た後や起きる前に勉強をされている方もいらっしゃって、余計落ち込んでしまいました。体力が無さすぎて、子どもと同じだけ寝ている私は......どうしたら良いのでしょうね。

このブログでグダグダ悩んでる暇があったら動けよと思われるかもしれませんが、このブログを書かなかったらただSNSをだらだら見て時間を潰してしまいそうです。ダメ人間だなぁ。


ちなみに、私の専業主婦の選択に夫はとても感謝してくれています。共働きだった頃は平日は家で晩御飯を食べられたことは無かったし、掃除もできませんでした。6時に家を出て22時過ぎに帰宅していました。
今は毎日掃除をしていて(そんなにしっかりは出来ていませんが)、洗濯物も片付けて、晩御飯を用意しています。これがとても嬉しいらしいです。
たしかに私が仕事をしていたとき、早く帰ってこれた夫がご飯を作ってくれていたらものすごく嬉しかったなぁと思い出します。

私、一応人の役には立ってますよね。

友人に優秀なキャリアウーマンが多いので、SNSを見て度々落ち込んでしまいます。見なきゃいいのに見てしまう。難しいなぁ。